威風堂々

大学生の自己満雑記 ブログ名はそうありたいという願望

就活の話

私自身はそれなりにいい大学の所属で、なんだかんだボケーッとしてても就職なんて決まるもんだろうと思っていました。

 

まあそんなはずもないのですが、私自身はやりたいことも無く、日々を生きていくのも辛い、こんな状況で就活なんてしたくもないものができるわけもない。

 

ただこれは言い訳で、そういった人も結局就活はしているし、あっさりと就職先を決めてしまうのです。だからこれは本当に夏まで就活をしなかった人間の話です。

 

 

 

いきなりですが就活をしていないというのは言い過ぎです。私自身は元々公務員志望で公務員試験の勉強はダラダラと続けていましたし、公務員試験も実際に受けました。落ちたわけですが。1つしか受けないで1つだけ落ちたのでまあほぼしていないようなものです。

3月には一般企業のエントリーシートも書いていました。でもエントリーシートの書き方なんて知らないし、当然面接に行くことも無く、エントリーシートと適性検査で落とされました。5社くらい。ただこれに関しては受かったらラッキーくらいの気持ちでホワイト大手にばかり出していたので通るとも思っていませんでした。ということで一度も面接はしていません。

 

なんでそんな綱渡りをしたのかと聞かれても私自身がそういう性格だからと言うしかなく、大学も1つしか受けなかったですし、そういうもんです。結局はめんどくさかっただけです。人生を左右する場面でめんどくさいで物事を決める人間というのは本当にろくでもない人間です。自覚しています。

 

話を戻しますが、公務員を志望したのもそれが一番何も考えなくて良さそうだったから。あと給料もそこそこで土日も休み、地方公務員なら転勤もない。結局何をするかなんてどうでもよかったと言えばどうでもよかったわけです。

 

頭はそこそこいいので一次試験は通りましたが二次の面接で落ちました。一次試験は余裕とも言っていいくらいの成績だったはずなので余程面接が酷かったんでしょうか。まあ私は元々面接が苦手です。高校受験の時にも一次試験通って面接落ちということがありました。こちらは記念受験だったので別に良かったのですが今回は駄目でした。

 

 

さてここからが本題で、合格発表サイトに自分の番号がないのを見て慌てました。正直通ると思っていたので。泣きました。落ちたことに対してというよりこれからどうしようという絶望感から泣きました。正直公務員に対する思い入れなんてなかったのでそこは割とどうでもよかった。

 

その日は映画を見に行きました。映画大好きポンポさんを見てまた泣きました。なにかに一生懸命な人ってのは眩しい。それに比べて自分は…

 

夜も眠れない。私自身は元々将来への不安だけは一丁前にあったのでそれが更に増した感じです。なら真面目に就活しておけよと言われれば返す言葉もありません。私のモットーは省エネで生きることなのでやりたくない事はやりたくないのです。

 

 

さて、この時もう7月13日です。まともな人間ならばもう内々定がとっくのとうに出ている時期に私は持ち駒のひとつもなく放り出されたわけです。私自身が社会不適合者であることを正面から突きつけられたようなものです。

 

結局3時間ほどしか眠れない夜を明かしどうするか考えました。まだ募集している公務員を目指すのか。それともスパッと民間を目指すのか。私がとった選択は後者です。理由はいろいろあるのですが、1つはまず7月にまだ出願できる公務員の数なんてほぼないこと、できても決まるのは最速で10月とかになってしまうこと。次にもう今更公務員試験の勉強をする気力がなかったこと。最後に反骨心。これが大きな理由です。

 

そこまで自分語りするつもりも無いので詳しくは言いませんがとにかく私は民間に志望を移しました。きっと公務員全落ちした人と同じ選択です。私も公務員全落ちなのには変わりませんが(1敗)。

 

いろいろ考えた結果、IT業界に絞りました。これも理由はいろいろあるのですが、①私にブルーカラー(接客含む)は無理だということ、②何か技術を身につけたいということ、③将来性があることなどが大きいです。

 

ここから就活が始まります。7月半ばから始めるということで普通の人より大いに遅いスタートでした。

 

まず説明会を何社か聞きました。最終的に応募したのは6社です。適性検査などは問題なく通りました。結果としては一次面接落ち(全二次)が2社、二次面接落ち(全三次)が1社、二次面接落ち(全二次)が1社、内定をいただいたのが2社ということになりました。

 

1つ学びを得たのは面接はやればやるほど慣れてくるということです。当たり前かもしれませんが。最後の方に受けた企業の方がやはり手応えがありました。

 

 

公務員予備校の話をします。公務員試験を受けるにあたってやはり公務員予備校に行こうということで申し込みましたが、その授業のレベルの低さに驚き行かなくなりました。馬鹿のための授業という感じです。

ただテキストは良かった。私は予備校のテキストで自習しました。これで全然問題なかったです。テキストだけ購入できる講座があれば良かったです。

公務員予備校はほとんど科目の勉強が中心で面接練習は直前に迫ってきた一時期に軽くやってくれるだけだったので無意味でした。別に勉強は1人でもできるけど面接は1人じゃできないんだからそこはどうかと思います。

直前に受けた面接練習も評価は良く、実際に落ちたんだからなんの意味もなかったと言っても過言ではないでしょう。形式だけの練習でした。

結論としてはあれはゴミです。行く必要なし。

 

反省点としては自分が面接苦手なことは分かってたんだからもう少しもがくべきでしたね。後の祭りですし、そんなやる気もなかったですけど。

 

ということで色々ありましたが9/3に最後の会社から内定の連絡をいただき、就活を終えました。なんとか無職は回避し4月から東京で働くことになりました。この先の展望も何も無いですがとりあえず頑張っていこうと思います。

初心者から始める登山 月山湯殿山縦走

8/8は山の日です。だからという訳では無いですが本日8/6登山デビューしました。

 

スペック

・22歳男(大学4年生)

・普段は特に運動しない、バイト先との間を歩くくらい

・走るのは遅いですが健脚には自信があります

・登山経験は小中学校の遠足のみ(高尾山、御嶽山(青梅))

 

 

なぜこの山を最初の山に選んだかというと旅行の計画を立てる中で羽黒山に行こうとしていましたが、それなら出羽三山全部登りたいと思いました。そんな感じです。あと月山は知名度もあるし登りやすそうというのもありました。

 

 

新たに用意したもの

・トレッキングパンツ(長ズボン)

・登山靴

・登山用の靴下

・帽子

・レインウェア上下(今回は使ってない)

・リュックの雨防ぐやつ(今回は使ってない)

ここら辺はmontbellで店員さんに付き添ってもらいながら選びました。細かい金額は覚えてませんが、合わせて7万~8万くらい?高い趣味ですね。でもここら辺は必須だと思います。特に登山靴は絶対必要です。ないと死ぬと思います。これだけなら2万円くらいなのでまあ手出せるくらい?あとは限りなくあった方がいいですが手持ちで代用できなくはないかも。主に透湿性の面で全然変わります。

 

上は手持ちの半袖で行きました。めちゃくちゃ日焼けしたのでよくある腕につける黒いやつあったら良かったかも。あれって暑くないんですかね?

 

他に持っていったもの

アクエリアス2L、いろはす555ml2本、グリーンダカラ600ml(いろはす1本以外飲み切りました)

・汗ふきタオル

御朱印

・モバイルバッテリー

・パン6個くらい(3個食べた)

・inゼリー3つ(飲んでない)

・財布(普段使ってるやつ)

 

スケジュール

6:00 鶴岡駅出発(バス)

8:00 月山八合目着

9:53 月山山頂着

10:36 山頂出発

13:14 湯殿山神社

休憩は山頂での食事と適宜1、2分の水飲み休憩という感じでほぼノンストップで登りきりました。ちなみに標準タイムは6時間らしいのでこれだけ見ても結構速く登ったっぽいです。

 

山の感想

月山は登りやすかったです。ところどころきついところもありますが、八合目からのルートはやはり初心者向きと言えるでしょう。湯殿山やリフトの方面に月山から降りていくルートはでかい石ゾーンが続いてキツかったです。こちらから初心者が登るのはおすすめできないと思います。下りだから何とかなりました。

金姥で分岐があり、湯殿山神社方面へ降りていくルートは狭い上に険しく凄い道でした。正直下りで死ぬかと思ったので初心者が登るのは絶対無理でしょう。比喩じゃなくてほんとに落ちたら死にそうなところが結構ありました。湯殿山神社行きたいだけならそういうルートもあるので無理に縦走する必要はないでしょう。

 

登山の感想

めちゃくちゃ楽しかったです。今まで陸上とか水泳みたいな競技を楽しんでる人の気持ち分かりませんでしたが多分こんな感じなんでしょう。少し理解できました。登ること自体が楽しいというやつ。山のオタクになるかもしれん…

 

運動神経さっぱりで体力も無いことに定評があるんですが、男子大学生というステータスだけで押し切った感があるので、体力が多少ない人でも中山くらいなら登れるんじゃないでしょうか。いかがでしょうか。

阪神優勝して欲しい

最近はよく野球を見ている。私は東京出身ではあるが、父は大阪、母は山形、私自身も生まれは山形であり、東京成分は実は入っていない。関西の人間は本当に阪神が好きで、父も例外ではなかったため、私も父の影響で子供の頃から阪神の試合をテレビで見ることも多かった。ところで、昔からしていて、今現在好きな物に関しては明確にこのタイミングでファンになった、オタクになったという時点が存在するのだろうか。

私は昔から阪神は意識していた。それこそ藤川がメジャーに行く前、マートンが来日した頃、メッセが大エースだった頃あたりの記憶は普通にある。と言ってもこの頃阪神が好きだったかと言えば分からない。どちらかと言えば巨人嫌いは明らかにあったのは覚えている。試合を自分から見るようになったのは大学に入ってからだ。関西は素晴らしく、毎日どこかしらの地上波で阪神戦が中継されている。あいにく京都は最大手のサンテレビが映らないという点は悲しい。

試合を見ていなかった頃もスコアは追っていたが阪神が負けてめちゃくちゃ悔しがるなんてことは無かった。そもそもめちゃくちゃ強いチームでもなかったから負けごとに悔しがってたらやってられないというのはある。その意味では本当の意味でファンになったのは今年なのかもしれない。今年は阪神が強いのもあってバイトの日以外はDAZNと地上波で全ての試合を見ている。試合経過に一喜一憂し、負ければ機嫌が悪くなるし勝てば機嫌が良くなる。ここまでハマってしまえば仮にこれから先落ちていこうと暗黒期に入ろうときっと試合を追い続けるのだろう。

結局オタクになるということはきっかけさえあれば簡単なのだ。ましてやかねてから気になっていたものなら尚更だ。反対に抜け出すのは難しい。私だってやめられるなら声豚はやめたいが、一生やめられないまである。そもそも今の私から声優を取ったら「ただの人」になってしまう。話は逸れたが趣味ってのは見つけようとして見つかるものでは無いのだなあというのを実感している。今の私、毎日のように野球を見て、土日はたまに競馬、アニメ、ライブ。もう既に枯れている人のような生活を送っていて客観的に見つめれば悲しい限りである。

徒然

第一志望の試験も終わり平穏な日々を過ごしています。あと数日で一次の合格発表ですが多分受かってると思います。というか勉強くらいは誇れないと何も残らないので受かってなきゃ困る。落ちてたら外聞も気にせず泣きます。

 

私は昔から集中力がありませんでした。親からは雀の涙以下だと形容された私の集中力は、スマホが近くにあれば10分も勉強机に向かえず、そのまま30分スマホをいじり、勉強に慌てて戻るみたいなのの繰り返しだし、スマホが無くても何かしらに気が散ります。実際これでも大学受かってるのでこういうことを言うと信じられないがちなのですが事実なのでどうしようもありません。私自身は努力の人間だと思ってますが、この効率の悪さで結果を出してるのはむしろ地頭に拠るところも大きいのかもしれない。

まあそんなこんなで普段からこんななのに試験が終わって気持ちが切れた状態で全然身が入りません。面接対策はぼちぼちやってるけど、ロースクール受けるとしたらそれはそれで勉強しなければならないのに全く手に付かない。根本的に勉強に向いていない性格なのでしょう。

 

5/8に虹ヶ咲3rdを見に行き、とてつもなく感動しました。それこそ人生を変えるくらいに。私がロースクール行きたいなあと思うのは人生の長期的な目標を考えた場合の話です。私は人の役に立ちたいし、その点弁護士は直接的に人助けができる仕事というイメージが強い。言うなれば今現実的に取れる道の中で本当にやりたいことはそれなんだと思います。でも一方でさっさと就職したい自分もいて、これはオタク活動をする自分です。オタク活動をするなら東京で公務員でもしながら適度な稼ぎを持って土日休みの環境をさっさと得るのが最高だと思います。その点弁護士では司法試験を受けるための勉強をしなければならず、弁護士になったあとも激務で恐らくまともにオタク活動をするのも厳しいんじゃないかということは容易に予想がつきます。それとロースクールに行くなら京都なのでこれからあと2年遠征を続けなければならないというのも大きいです。言うなればこちらは楽に生きる道なわけです。本当にしたいことと楽に楽しく生きる道で揺れていたわけですが、そこに私の人生においてベストを争うようなクオリティだった虹ヶ咲のライブです。私の心は一気にオタク活動に向きました。そんなこんなもあって勉強のやる気が出ないというのもあります。そもそも完全に試験が終わる7月8月以降に勉強を続けるモチベーションがあるのかというのも怪しいところです。勉強をしたい気持ちはあるのでなんとか折り合いをつけてやっていきたいなとは思っています。法学が楽しいと思えてきたのは事実だし努力することで自己肯定感も高まるし逆も然りなので。

 

2週間前くらいに酷い低気圧が来て体調を崩して以来、どうにも自律神経が狂ってしまっている気がする。私はいわゆる気象病の持ち主で、酷い低気圧の時には体調を崩しがちなところがあります。全身のだるさから始まり、関節痛、頭痛、酷い時はくしゃみと鼻水も出ます。あれは気圧の変化を前庭が感じて脳経由で自律神経がおかしくなるんだった気がします。酔い止めを飲むといい的なことも聞いたのですが、生憎私は乗り物酔いをしないタチなので効く気がせず試したことは無いです。話は戻りそれ以来、どうにも夜は眠くないし朝は起きれないという状態になってます。単に生活リズムが狂ってるのだと言われればそうかもしれませんが、ここまで朝起きれないことは今までそうそうなかったです。どれくらい起きれないかと言うと、アラームに気づかず10時間爆睡、起きれても身体が重くて起き上がれないという具合です。夜は湯船に浸かる、朝はシャワーを浴びるなど頑張ってるのですがどうにも治らず2週間以上経ちました。助けてくれ。

でもまあこういう時は学生でよかったなあと思います。社会人はしんどくても昼起きなんて出来ないので。そう考えるとやっぱり社会人になりたくないという気持ちばかりです。

 

 

「今日より明日の自分のこともっと大好きになっていたいんだ」

こういう気持ちでいたいですね。かすみん好き

無敵級*ビリーバー

無敵級*ビリーバー

 

虹3rd

虹3rdDay1現地に行ったのですが、このライブは内田真礼武道館、プロットポイント大阪と並んで自分の中ではベストライブのひとつに加えられました。具体的にどこが良かったかなんてのは言い尽くせないのでメモ程度に全体的に軽くまとめます。5/16まではアーカイブ見れるので見ましょう。見れなかったらBlu-rayを買いましょう。アニガサキを見て虹3rdを見ないのはありえん。

ということで何かしらで映像見る人はここで帰ってください。流石にまっさらな状態で見て欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずアニメ準拠パートの演出が最高でした。王道なんですがやっぱり王道が1番です。特に歩夢の2曲と夢ここの破壊力がやばかったです。このライブ泣きそうポイント何個かありましたが、Dream with Youはいきなりクライマックスでした。普通に目が潤んだ。NEO SKY, NEO MAP!もやっぱりいい曲でした。これを家虎なしで聞けるのだけはコロナに感謝してもいいと思えるくらいです。Solitude Rainは期待を上回ってきました。あれは憑依型って感じですね。そんな感じ。CHASEはまあやっぱりすげえよ。

全体曲エリア、1番待ち望んでいたと言っても過言ではない全速ドリーマーが聞けたのでそれで満足です。

アンコール冒頭の無敵級ビリーバー。アニメ準拠の流れで進行していく中で、来ないだろうけどもし来るならアンコール最初しかないだろうと思っていたら本当にその通りに来た。こんなんイントロで横転するだろ。虹ヶ咲に一番最初に触れたのはアニサマ2019ですが、初めて真面目に曲を聴いたのは無敵級ビリーバーで、きっかけはこむちゃっとカウントダウンでした。それをここで回収できるとは思ってなかった。1年前の自分はまさかラブライブの単独に行くなんて思ってなかったので世の中何があるか分かりませんね(ラ!フェスは興味あったけど流石に知識が無さすぎて申し込みすらしませんでした。)。相良さんの涙も印象的でした。

TOKIMEKI Runnersも件のアニサマで聞いた時は何も印象に残りませんでしたが改めて聞くと相当良かったですね。当時のアニサマも今回も連番した連番者とも話しましたがやっぱりアニメのストーリーがあって曲を聴くと化ける。当時は声が出せただけに今コールが出来ないのは悔しいばかりです。

最後はやってない全体曲のJust Believe!かと思いきやまさかのNEO SKY, NEO MAP!2回目!実質ダブルアンコールみたいなもんです。強すぎてタイトルコールされた時現地でマジで笑ってしまいました。セトリ組んだ人間がオタクのこと理解しすぎてて怖い。最後にトロッコから降りて、ともりと矢野さんも合流して傘持って後ろ向く演出、ほんとよかったですね。あれが全てでした。やっぱりアニメ準拠ライブはNEO SKY, NEO MAP!で締めなきゃいけないし、あの演出で締めるしか無かったので大正解としか言いようがありません。

ということで点数をつけるなら文句なく100点でした。アニメ準拠ライブとしてはやって欲しいこと全部やってくれた上に、無敵級ビリーバーに2回目のNEO SKY, NEO MAP!と言い期待を余裕で上回ってくるセトリで文句のつけ所がありません。虹ヶ咲のオタクになったのでこれから虹のライブは積極的に行こうと思います。

 

 

中須かすみ、お前が優勝だ。

近況

第一志望の試験までとっくに一ヶ月を切りました。今は詰めの段階です。教養は地理だけ捨てましたが物化生地日本史世界史は全部やったのでそこの復習と専門の論点詰めです。あとは時事もぼちぼち。数的処理は立体以外は全然余裕そう。英語と現代文もセンターレベルなので特にやらなくても問題なし。あとは教養論文対策で受験先の施策を頭に詰め込むくらいですかね。面接は一次が終わったあとでいいでしょう。

 

 

さて

今日から独学で会社法をやり始めました。難しいですがなかなかに面白いところもあります。一応民法の下地があるので未修者よりはそりゃ理解しやすい。ロー入試だと商法はあと総則と小切手、手形で民訴と刑訴も初学者なのでこれを6月末までにとりあえず基本知識は入れたい。民訴は同時並行で大学の講義もあるのでこれをうまく活用したいですね。刑訴は講義が後期なのでロー入試には間に合わないか。あとは民法を全体的に復習したい。憲法基本権と刑法各論、それに民法の債権、行政法は去年にやってたのである程度覚えています。ただ2回生の時にやる気もないままとった刑法総論憲法統治機構、それに民法総則物権親族相続は結構怪しい。ここら辺を8月半ばくらいまでに詰めてあとはひたすら演習ですかね。スタートが遅いのは自覚してますがこれで落ちたらまあ大人しく諦めて就職します、公務員試験無事受かればの話にはなりますが。

 

 

受けるだけなら自分だけの問題なんですがいざ12月になって合格を仮に貰えた場合どうするのかとなれば親には相談しなきゃいけないし、まだ話は通してない。おそらくいい顔はされない気がします。

 

 

人間何があるか分からないからやっぱりその時々やれることはしっかりやっておいた方がいいなあと思っています。皆様は後悔しませんよう日々を大事に自覚的に生きてくださいませ。

将来の話

4月から4回生になり、いよいよ学部もあと1年ということになりました。私はずっと法学に苦手意識があり、早く要卒単位を揃えようとして大学生活を送ってきました。その態度も真面目ではなく、ライブ三昧バイト三昧ということでお世辞にも勤勉とは言えませんでした。その結果の憲法刑法の落単です。

ただ3回生になり、行政法を学んで法学の楽しさに気づきました。というか全ての学問に言えることですが、ちゃんと学べばやっぱり面白いものです。それと同時に法学をまだ続けたい気持ちが段々と出てきました。せっかく楽しくなってきたのにここで終わるのは何となくもったいない感じもします。と言っても法科大学院の道は1回生の時に法学への適正のなさを感じて切った道です。今更なあなんて思いつつ就職ルートだけを考えてきました。そして3回後期の成績発表。私は思った以上に成績がよく、捨てたもんじゃないなと思いました。やっぱり本来私もそれなりに頭のいい人間でやれば出来る人間だったわけです。そしてここで法学を続けたい気持ちが再び、そして更に強くなって帰ってきました。

私は週休二日の東京勤務転勤無しでそこそこの年収でまったり暮らせる仕事を希望しているので、その点に関しては現在の公務員志望で何も間違えていないと思います。仮に弁護士になればまったりとは暮らせなさそうな感じは素人目にも分かります。ただ感情の問題は別で、やっぱり勉強は続けたいです。ローに行って司法試験に受からなかったらといった様々な破滅ルートを考えてもこれが賢い選択肢では無いことは理性ではわかっています。でも気持ちの整理がついていません。

就職まで余命1年となり、今更感がありますが法科大学院という可能性がここに来て急に浮上してきました。とりあえず就活もとい公務員試験は最後までやります。合格が勝ち取れなかったらもはや後はないわけですが、内定を貰った場合、法科大学院も受けるかもしれません。と言っても科目が足りてないので公務員試験後に特急でやるしかありません。そんな甘いものでは無いのも分かりますが実力試しとしてでもロー入試を受けるのは割とアリかなという気持ちではあります。万が一受かってしまったらどうしようかという話はあります。自分は人生について考える機会が少なく、真剣に生きてきたという自覚もありません。でもここでせっかくやる気になっているのをみすみす見過ごしていいのかという気持ちもあります。

今は冷静では無いのかもしれませんが、もう少し落ち着いて考えてみたいと思います。人生というのはままならないな。